成長ホルモンとバストアップの関係

バストアップするには、「女性ホルモンが大切」と伝えてきました。
(こちらのページ→「」)

しかし、もう1つ重要なホルモンがあります。
それが「成長ホルモン」です。
正確には「ヒト成長ホルモン」と言います。

ヒト成長ホルモンは脳の視床下部で作られ、血液によって全身に運ばれます。

役割としては、
・骨や筋肉などの体の成長
・代謝のコントロール

などに、作用します。

分泌のピークは13~17歳(思春期)ぐらいまで。
後は年齢とともに徐々に低下していくものです。
こうやって考えると、女性ホルモンといい、年齢とともに低下していくものばかりですね。

さて、この成長ホルモンは乳腺にあるラクトゲン受容体というものに働きかけ、
乳腺を発達させる
と言われています。

この「ヒト成長ホルモン」ですが、実は1日のうち、最も分泌されるのが
・睡眠時間中
・運動後

です。

具体的には
・15分ぐらいの運動後3時間
・睡眠後、2時間ぐらいしてなる深い眠り(ノンレム睡眠)の時の3時間

に多く分泌されます。

逆に、睡眠不足によりこの「成長ホルモン」が減少すると、このようなことが起こります。

・身長が伸びない・バストアップしない
 (成長ホルモンは骨や筋肉、乳腺などの発達に深く関係しているので)
・疲れが取れない
 (成長ホルモンには怪我や体組織を修復・再生する働きがあるので)
・肌の再生機能の低下
 (同上)
・太りやすくなる
 (成長ホルモンには代謝をコントロールする機能があるので、その機能が低下するから)

成長ホルモンが低下すると、困ることばかりですね。

「寝る子は育つ」といいますが、バストにも同じことが言えます。
バストアップのためには規則正しい生活が大切ですが、
この成長ホルモンの働きによって
規則正しく寝るだけでバストアップできるなら、試さない手はないですね。

Copyright(c) 2013 胸を大きくするサプリ 体験談的おすすめランキング&ウワサの真相 All Rights Reserved.